ライフスタイルの家は
地震に強い家づくり

ライフスタイルの家づくり

建築基準法で定める基準の
1.5倍の地震力に耐える、安心の家。

住宅性能表示制度の最高ランク「耐震等級3」の性能が標準です。

地震大国日本において長く安心して暮らすためには想定以上の地震に対する強度を持つことが望ましいとライフスタイルは考えます。
現在の建築基準法の基準である大地震の1.5倍の地震力に耐える強度を持つ家づくりを「ライフスタイルの家」は標準仕様としています。

■住宅性能表示基準の耐震等級

性能表示
等級
性能等級の概要
等級3 建築基準法の1.5倍の建物強さ。
数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力に対して
倒壊・崩壊しない程度
等級2 建築基準法の1.25倍の建物強さ。
数百年に一度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して
倒壊・崩壊しない程度
等級1 建築基準法レベルの建物強さ。
数百年に一度程度発生する地震力に対して
倒壊・崩壊しない程度

国産材でつくる
美しく、優しい、最強の家。

国産材のヒノキやスギをたっぷり使った
強く、優しく、美しい
木造軸組工法

日本の気候・風土で育った国産材をふんだんに使い、呼吸する木の良さを最大限活かせる木造軸組で長持ちする住み心地のいい家をつくります。

ダブル配筋の一体打ちベタ基礎を採用
従来のベタ基礎の
ワンランク上の耐震・耐久性

「ライフスタイルの家」のベタ基礎は二重の配筋を施し、基礎のつなぎ目をなくした一体打ちのベタ基礎。従来のベタ基礎より耐震性・耐久性に優れ、防水、防湿、防蟻も万全です。

揺れに対し強さとねばりを発揮
耐震補強TIP構法

国産ヒノキ・スギを斜め45度に貼り、コーナー部をガセットプレートで補強したものを木造軸組の構造材にドッキングさせています。隙間を設けているので表面積が多く、木の香り、調湿作用、通気性に優れ、構造体を長持ちさせいつまでも強度を保ちます。

横ゆれに対し、建物の変形を防ぐ
2階剛床仕様

2階床には厚さ24mmの構造用合板を貼り、剛床仕様としています。TIP構法との相乗効果でさらに強い耐震性を発揮します。

ライフスタイルの家づくり

Page Top